俺はハゲない、ハゲるのは神に選ばれていない人間だから・・・

この記事は1分で読めます

akachan_junyu

「私はハゲているから、お前の毛がうらやましいよ」

 

気が付けば、生まれてから、髪の毛が多いねと母親にいつも羨ましがられていた。

そう、私の母親は私を生んだ後から、髪の毛が抜けだして、回復することなく、薄毛人生を送っていた。 私が小さい頃なので、年齢にして30歳くらいだったと思う。

 

女性の30歳で、明らかな薄毛。

 

いや、薄毛ってもんじゃない。女ハゲ。

 

そんな彼女は、自分のハゲを隠すことなく、明るく、卑下することなく積極的に外に出ていた。

誰かに陰でヒソヒソ笑われても、時には直接「ハゲてるね」と直球の突込みがあった場合も 「そうさ~。ハゲてこまってるのよ~」 とサラッと受け流していた。

 

「あ~あ。母ちゃん、選ばれていなくてかわいそう」

 

幼少期の私が、母に抱いた心の声は上記のような一種の憐れみのような感情だった。

 

私は、小さいころから自意識過剰な面があり、どこかで「神様に選ばれてこの世に生を受けた」 という意識があり、世の中で不幸や不遇に遭うことは絶対に無いと、どこかで思い込んでいた。

 

俺は、選ばれた人間だから、ハゲることは無い!

 

その誤った思い込みが崩される時は、ハゲるには早すぎる、思春期真っ只中にきた・・・

 

 

 

 

ブログランキング参加中↓

育毛・発毛 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ にほんブログ村

クリックしたあなたの髪の毛が増えますように。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. pose_kusai
  2. 61n6L5Y0jzL._SL500_AA300_
  3. 4901872333660l
  4. success
  1. これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチッとしたらフサレベル1上昇!

育毛・発毛 ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ にほんブログ村 クリックしたあなたの髪の毛が増えますように。

カテゴリー

オオサカ堂公式HP